Step By Step

【ebay輸出】どこがおすすめ?発送代行業者を比較解説!【最安値】

Takeshi Kamei
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Takeshi Kamei
こんにちは。 KAMEIです。 私は2015年から物販ネットビジネスを始めました。 最初は国内転売からスタートし 翌年の2016年から脱サラし、イーベイ輸出を始めました。 今はイーベイ輸出をメインにしています。 かなりマイペースな私ですがそんな私でもしっかり結果を出してこれた ノウハウやマインドを皆様にお伝えできればと思っています。

こんにちはカメイです。

 

この記事では、ebay輸出で発送作業を外注化する際に使う発送代行会社を比較し解説していきます。

 

『一番最初に外注化する作業は発送と梱包作業が良いでしょう!』『発送作業は外注化しやすい!』と言われていますが

 

  • どうやって外注化するの?
  • いくらぐらいするの?
  • 発送代行会社って何?

 

と思われる方も多いと思います。商品が売れたら無在庫の場合、商品を検品確認して、梱包して発送しますよね?件数が増えてくると時間的にかなり負担になってきます。

 

結論から言いましょう!自分の負担を軽くするうえでも発送作業は早い段階で代行業者に委託するなどして外注化しましょう!

 

この記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

 

メリット
  • 発送代行業者について知ることができる
  • 発送代行業者のメリット・デメリットを解説
  • 発送代行業者を実際に比較して解説

 

今回はebay輸出を専業にしており売上を右肩上がりにあげてきた僕が、ebay輸出で発送作業を外注化する際に使う発送代行会社を比較し徹底解説していきます。

 

ぜひ最後まで読み込んで即実行してみてくださいね!

発送代行業者とは?

発送代行業者は文字通り売れた商品の梱包と発送を代わりに請け負ってくれる業者、物流サービスになります。

 

使用するイメージとしては、

  1. 商品を倉庫に発送する
  2. 売れた商品や発送先のバイヤーの住所をデータ入力する
  3. 代行業者から発送完了の通知が来る

 

細かいところは代行業者によって異なりますが大体このような流れになります。それではメリットとデメリットを見ていきましょう。

発送代行業者を使うメリット

 

まずは発送代行業者を使うメリットからです。

  • 発送梱包の手離れができて自分の負担が軽くなる
  • 業者なのでしっかり梱包してくれる
  • 電話でサポートもしてくれる(業者による)

 

圧倒的なメリットとしては自分の負担が軽くなるところです。今まで梱包や発送にかけていた時間がリサーチ作業などにそのまま充てることができます。

 

また梱包の内容においても専門の業者なので品質を保った梱包をしてくれるので安心です。

発送代行業者を使うデメリット

 

続いて発送代行業者を使うデメリットを解説します。

 

  • 発送コストが高くなる(代行手数料)
  • サービスの対応時間が限られる
  • 業者が休みの時は発送できない

 

発送コストは当然ですが発送を代行してもらう手数料が発生するので自分で発送するよりもコストは高くなります。また発送代行業者が休みの日には発送してくれません。

 

土日休みの業者が多く、GWや年末年始、お盆といった長期休暇があるとその期間内は自分で発送することになります。

 

しかしこれらを加味しても代行業者を使って得れる時間的なメリットの方が圧倒的に大きいですので積極的に利用していくべきです。

どこがおすすめ?発送代行業者を比較解説

 

それではどんな発送代行業者があるのか紹介していきましょう。

発送代行業者 エフェクト

 

エフェクトはカンタムソリューションズ株式会社という物流ビジネスをアジア圏を中心に展開している会社が展開しているサービスです。

 

 

エフェクト

月額利用料金 0円

 

1商品あたりの発送手数料 /

・標準 260円 (5kg以内、合計90cm以内)
・大型 370円 (15kg以内、合計180cm以内)
・エクストラサイズ 520円 (大型以上の日本郵便サイズ)

発送代行業者の中ではかなり有名な会社で僕も今はエフェクトを使っています。

 

商品撮影やサンキューレターの同封なども追加のオプション料金を支払うことでかなり要望を聞いてくれます。

 

支払い方法はPAYPAL、クレジット、銀行振込で発送都度払いになります。

発送代行業者 AELINE

 

AELINE

月額利用料金 0円

発送代行料金 1件 300円+消費税
オプション 書留 410円
商品返送手数料 300円+消費税
バッテリー取付手数料 300円+消費税
同梱発送手数料 100円+消費税

支払は利用合計額を翌月に一括請求支払でPAYPAL、銀行振込に対応しています。

 

Dメール・Pメールといった1度の差し出しで大量の発送数がある場合に大きな割引を受けれるサービスがあるのが特徴的です。

 

1度に出荷する数が多い方には非常にお得なサービスですが、印刷物(同時に300通以上)小形包装物(同時に50通以上)どちらかを一度の発送で出荷しないと利用することができません。

発送代行業者 オープンロジ

オープンロジ

 

海外配送手数料  普通サイズ手数料300円  大型サイズ手数料500円

 

料金体系は似ていますがオプションが充実しています。

発送代行業者 パッケージフォワード

パッケージフォワード

こちらは1商品あたりの発送手数料 が重量ごとの料金体系になっています。

DHLやUPSと契約しているので、超大型商品の発送が可能です。またこの中で唯一年中無休で発送対応して貰えますが、代行手数料はかなり割高です。

 

支払い方法はPAYPAL、クレジット、銀行振込です。

どこがおすすめ?発送代行業者

 

4つの発送代行会社を比較してみましたが、僕のおすすめはエフェクトです。発送代行業者自体の料金はそこまで大差はないですが、単純に発送するだけなら

 

余計な手数料(オーダーの修正や返品受付など)の細かい手数料が他の代行業者では発生しますが、エフェクトはそういったものが発生しないのでいいかなと思います。

 

ただ今回紹介した発送代行業者は個々にかなり特徴があるので自分の使用用途に合わせて参考にして頂ければなと思います。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?今回の内容をまとめてみましょう!

  • 発送代行業者を使うメリットは自分の梱包発送の手間が省ける
  • デメリットもあるがそれを加味しても使う価値がある
  • 発送作業はまず最初に外注化しやすいので早い段階で外注化しよう

 

今回紹介した発送代行業者は、月額料金が0円の業者なので使ってみて自分に合わないようであれば切り替えることも可能です。まずは使ってみるところから始めてみましょう!

 

発送作業が外注化できたら他の作業の外注化にチャレンジしてみましょう!

 

 

ebay輸出で発送作業を外注化する際に使う発送代行会社を比較し解説などがすべてが詰まったebay解体新書を無料でプレゼント中です。

 

是非使用して利益に繋げてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
Takeshi Kamei
こんにちは。 KAMEIです。 私は2015年から物販ネットビジネスを始めました。 最初は国内転売からスタートし 翌年の2016年から脱サラし、イーベイ輸出を始めました。 今はイーベイ輸出をメインにしています。 かなりマイペースな私ですがそんな私でもしっかり結果を出してこれた ノウハウやマインドを皆様にお伝えできればと思っています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ebay輸出カメイブログ , 2019 All Rights Reserved.