Step By Step

カメイのプロフィール

こんにちはカメイです。

 

僕は2015年から物販ネットビジネスを始めました。最初は国内転売からスタートし翌年の2016年から脱サラし、ebay輸出を始め、2017年12月に月利100万を達成できました。

 

しかしここに至るまで、僕は数多くの失敗をしあっちに行ったりこっちに行ったり迷走を重ねてきました(笑)

 

学歴もない!コネもない!資格もない!その上他人に比べるとマイペースな僕のebayとの出会いまでのストーリーを、少し長いですがご一読ください!

 

少しでもあなたの役に立つ部分があれば嬉しいです!

黄金時代~悩むことなく過ごした日々~

子供の頃の僕は漫画とファミコンをこよなく愛する子供で、幼稚園の頃から漫画やファミコンが大好きで今思えばこの頃からずっと僕は漫画を読み続けているわけです(笑)

 

今まで読んだ漫画の数は何千冊あるのか、かなりの数になるはずです。今でも常に面白い漫画はないか探し求めていて、そして面白い漫画に巡り合うので日本の漫画って本当にすごいですね。

 

世代で言うとドラゴンボールで育ったと言っても過言ではないくらいのドラゴンボール世代(勝手につけましたが(笑))です。

 

リアルタイムで週刊少年ジャンプでドラゴンボールを毎週楽しみに読んでいた少年の一人です。

 

中学に入学して野球部に入部したのですが熱心な体育会系の先生が顧問だったので、中学の3年間は部活ばっかりだった思い出があります。

 

今までまともに運動をあまりしていなかったので、かなりハードで夕飯を食いながら寝たりしていたことがありました。

 

どこにいても先輩に、「必ずでかい声でとにかく挨拶しろ」みたいなことを言われていた部活だったので、人に挨拶する癖みたいなものが自然に付いたのがいい経験になったと思っています。

 

なんか野球部ってノリが似てませんか?(笑)自然に他の中学の野球部と友達になったりできたりすることができて、部活生活をとても楽しく過ごすことができました。

 

のちにサラリーマンの時に、部下の経歴を聞いて野球部かパチ屋を経て入社してきてる人は、なんとなく安心できてしまうというのは何か共感できる部分があるのかなと、今では思っています。他は何もできないけど挨拶と返事だけはしっかりしている、みたいな…

 

高校でも野球を続けるつもりだったのですが、中学の時とは環境がガラッと変わっていて自分の思い描いていたものと違い直ぐに辞めてしまいまい、そこから一緒に遊ぶ友達も変わり夜中に遊びだすようになっていくわけです。

 

この時の友達は今でもずっと仲が良く、仕事で四苦八苦している時も応援してくれるとてもありがたい存在です。

 

高校時代に野球で失った情熱の代わりに得た大きなものとしては、持て余した時間で映画をすごく見るようになった(地元に映画好きが多かった)のと、流行り物が好きになったこと(ただのミーハーですが)で、これがのちにパソコンと向き合うきっかけになったんですね。

 

この辺りまで僕は他人の悩み事を聞くことはあっても、自分で悩むことってほとんどありませんでした。特に将来のことなんて微塵も考えてなかったです(笑)

 

しかしそんな楽しい時間にも3年間という制限があり、また一つ決断を迫られる時がやってきます。卒業してからの進路です。

浪人時代の予備校生活で親父がリストラ…人生の窮地に

 

大学に進学を希望していて現役では入れず、予備校に行くことになったのですが1つここで人生の転機が訪れます。親父がリストラにあって家庭の財政が厳しくなっていることを聞かされ僕は借金をして大学に行くか、働くかの選択を予備校の期間中に迫られました。

 

結果希望する大学に行けなければ働くと決め(滑り止めは受けない)、その大学の試験に落ち、働く道を選ぶことになったのでした。

 

そしてこの時期に両親が離婚し僕は母親側について地元に残ったので、いよいよ働かなきゃやばい環境になってきました。

 

なにをして働いたらいいかわからない、しかしいきなり社会にポンと出されたのでとりあえず働かなくてはいけないという、目的や目標が定まっていないまま僕の迷走が始まります…

路頭に迷い迷走を重ねる~ニートライフ~

もともと僕は仕事が長く続かなくて、理由は色々ありましたが非常に多くの仕事に勤めてはやめ勤めてはやめ、試行錯誤、路頭に迷う、迷走していました。一体ぼくにはどんな仕事が合うんだろう…悩みに悩んでいた時期が結構長く続きました。

 

そして僕は高卒なので学歴が無いのも悩みの種でした。求人を見ると募集条件の中に大卒と明記されているのをよく見かけて、希望する会社があっても面接の前に自分は対象外になってしまうことに、ここにも自分が選ぶことのできる選択肢は非常に限られているんだなと現実を知ることになりました。

 

まさに金なしコネなし学歴なしに資格もない、迷走の極みここにありって感じに陥ります…そんな中でカードで6社から借金をしてそれで生活をするというニートライフを送ってしまったのです。

 

『借金も男の甲斐性だろ…』となぞの言い訳を自分に課しどんどん自分の首を絞めていく、自堕落なカイジのような生活をしていましたが、良いのか良くないのか僕のもとにエスポワール号の誘いは来なかったです(笑)

 

そこでいろいろな仕事を転々とします。朝から円陣を組んで腕立て伏せをやるような飛び込みの営業をしたり、夜キャバクラで働いて朝からスロットに並ぶという生活をしたり。

 

選挙の後援会のバイトでをしていたこともあります。その年のマニュフェストにかなり詳しくなったり、いろんな方の演説を聞いて政治家と呼ばれる方の中にも演説の上手い下手があることを知るなど方向性がブレまくります。

 

サラリーマン時代~会社への疑問が膨らむ~

夜キャバクラで働いて朝からスロットに並ぶという生活も終盤に差し掛かると、昼間働く生活に憧れだします。これはキャバクラ従業員あるあるだと思います(笑)

 

そこから携帯電話を販売している会社の面接に採用してもらい、サラリーマンとしてのライフワークが始まりました。

 

僕は多くの方と同じようにサラリーマンになることができ、毎日片道1時間かけて満員電車に揺られ眠い目をこすりながら出勤していました。

 

僕はヒップホップが好きなのですが、朝から聞けないんですよね重低音(笑)

 

電車の中では主に、学生時代に聞いていた懐メロを聞いて電車の苦痛な時間を耐えていました。

 

朝の通勤ラッシュ時に当然座ることができないので、いかにいいポジションに立つことができるか、それには駅のどのあたりから乗車すればよいのか、何時何分発の電車がそれにはベストか?

 

なんてことを毎日考えていて、習慣になっていきました。毎日決まった時間に通勤しているので、同じ駅で乗車する周りの顔ぶれもだんだん覚えてきて、

 

「この人毎日私服だな、ちょっとお洒落で指輪の数が多いな…アパレル系の勤務の人かな?」

 

「あれ?いつものあの人今日はいないな、平日休みなのかな?サービス業かな?」

 

なんていう人物観察もしていました、というより繰り返される毎日の駅のホームでの暇つぶしは携帯を見ているか、それぐらいしかなかったです(笑)

 

そんな毎日の中、拘束される時間に対して疑問を抱いて少しづつ疑問を抱き始めたんですね。勤務時間は8時間ですが往復の2時間を入れると10時間、長い日では移動時間を含め18時間近く働く日が月に何日かありました。

 

「あれ?これ時給換算したらやばくねーか?」って少しずつ感じてくるわけです。しかし今まで福利厚生が整っているようなまともな会社にあまり勤めていなかったので、給料から税金が引かれるのが嬉しく思えるという謎の現象に遭遇しました。あ、社会の一員になれたなー、と。

 

勤めていくうちにつらい経験もします。38.9度の熱を出しながら出勤したことです。スーツだと寒すぎて出勤できないのでユニクロのヒートテック上下の上に、スエットを着込んでその上にさらに上着を着て、もこもこに膨らんで出勤したのを覚えています。

職場についてまずしたことは最寄りの病院を探しすぐに病院に行きました。病院に着くとインフルエンザかもしれない、と個室に隔離されました(インフルエンザではなかったですが)

 

そんな状態で良く出勤したなーと今でもよく覚えていますね、行きと帰りのことをあまり覚えてないくらいフラフラだったので(笑)

 

地震が起きて電車が止まっても帰れず、案の定帰宅難民になりカラオケで一晩過ごし漫画喫茶でシャワーを浴びて次の日出勤したり、大雪で電車が止まりタクシーも捕まらず積もった雪の中を、2駅分家まで歩いたり(次の日出勤)いろいろ苦労しました!(笑)

 

仕事自体は嫌ではなかったのですし、会社には役職も与えてもらい非常にお世話になっていましたが、40歳、50歳になってもこの状態が続くのかという不安と疑問は常にありました。

 

しかしながら多くの人が皆同じような不安を抱いている中で、皆日々頑張っているものなんだろうなと自分に言い聞かせていました、俺だけじゃないみんな頑張っているんだから、と。

 

ネットビジネス物販との出会い

そんな時偶然友達に国内転売のノウハウを教わる機会がありました。友達は色々なセミナーに顔を出していてこういうのやってみれば?みたいな感じで教わったんですね。

 

今までネット販売はモバオクで不用品を販売するぐらいしかやっていませんでしたがその時はやるしかないと踏み切りました。

 

やるなら今しかねえと長渕剛さんの西新宿の親父の唄が頭の中で響き渡りました。

 

が、国内転売をしてすスタートしてすぐに利益マイナス20万円までいきました。商品を発送してから注文をキャンセルして欲しいという、無在庫販売の試練をいきなり立て続けに食らいました。

 

「ははは…だから言ったじゃないかネットビジネスなんて…」と諦めかけましたが、僕は予算30万円(スロットで捻出した貯金)までは頑張ると決めていたのでそこからなんとかプラス盛り返すことができたんです。

 

自分で頑張る範囲を決めて臨めたのが良かったなと今振り返ると思います。

 

初めて商品が売れたことに対してのお礼のメールを貰ったり、着金したときはすごく感動しました。無在庫販売というシステムに初めて出会ったのはこの時でした。

 

自分はお金を動かしていくだけで、商品が売れたりお客さんのもとに届いたりすることが衝撃的で、最初はなんか文句言われるんじゃないかとビクビクしてましたね(笑)

 

ここでも悪質なヤフオクセラーにあったり、直接取引先のベトナム人が急に帰国して商品が入らなくなったり、ほかのお店のクレームが僕に入ったりなど試練は多かったですが、初めて取り組む物販は非常に楽しく取り組むことができました。

 

しかしブルーオーシャンは長くは続かず、ライバルセラーが増え利益が抜きずらくなってきました。そこで儲かった利益を使って次の一手に踏み切らなければいけない、とブログやYoutubeを見ていて今の師匠にけいすけさんに出会いました。

 

これが僕のebay輸出ビジネスとの出会いでした。

脱サラebay輸出を専業に!

 

始めてコンサルを受けその準備期間の間に、けいすけさんの勧めていた本“思考は現実化する”を休みの日に喫茶店で読んだり、コンサル前にリミットだけでも上げておこうと右も左もわからず出品したりと、新たな取り組みに対し期待に胸を躍らせていたのをよく覚えています。

 

海外の人を相手に取引をする、なんて自分には考えられないことでした。「今仕事何してるの?」って聞かれたときに「輸出だよ、個人輸出をして世界に日本の商品を売ってるよ」ってなんか言ってる自分が好きになる謎の感覚に襲われていました(笑)

 

輸出してるって響きがなんかかっこいい気がしませんか?

 

国内転売でも収入はあったのでebayを始めてすぐ脱サラしました。時期尚早かなと思いましたが、集中してebayに取り組みたいなという強い気持ちがありました。

ebayでも壁にぶち当たる

 

ebayを始めてすぐに15万くらいまではすぐに到達しました。教えてもらったことを行動していたら普通にドンドン売れていきました。しかし扱っていた商品の中に禁制品が含まれていて、しかも僕はその禁制品関連商品で専門化を図ろうとしていたんですねー(笑)

 

ここでアカウントが出品停止(たしか30日間)になりアカウントの状態もBelow Standardになってしまい(しかもホリデーシーズンに)ここで一回モチベーションが大きく低下してしまいます。

 

出品しても中々結果に繋がりにくい状態になってしまい、利益が上がらず苦しみこの頃は並行して予約転売(国内向け)も教わっていたのでそちらに集中しようかなと自分の中でも取り組みがブレてしまったり一番最初に当たった大きな壁でした。

 

商品の大半を占めていた禁制品は強制的に出品を取り下げられ(一番多かった時で一回に78品取り下げられました)出品していた商品を価格調整したり見直したりする気力もかなり失ってしまいあしたのジョーみたいな灰になって家の椅子にもたれかかってました。

 

しかし仕事もやめてしまっていたのでこれしか収入源がないわけですから、年明けからコツコツとアカウントの修正作業に乗り出しましたが、サブアカウントも育っていなかったので、この時期は利益が伸びず苦しかったです。

 

そして、アカウントの状態が復活してからは出品をしまくりました。水を得た魚のように、スーパーサイヤ人になった悟空のように、孔明を得た劉備のように(三国志)、ユリアのカットインから復活したケンシロウのように(スロット)etc

 

ここから利益はすぐに30万円に達することができました。今思えば30万円の壁を超えるのに一番苦労したかもしれません。禁制品なんて扱わなければよかった!やればやっぱり結果は出るんだ、もったいないことをした!!と強く思いました。

月利100万までの軌跡

30万から50万円までは2か月くらいですぐに上がりました。そして2017年の12月に、タイミングや売れる商品がたくさんあったのもありますが、目標にしていた利益100万円を達成できました。

 

前月にコンサルの懇親会があってそこで来月は100万やります!とみんなの前で、宣言したことが数字の意識にとてもつながったのを覚えています。そして多くの利益を出している方からアドバイスをもらってモチベーションを上げてもらいました。

 

ここに来るまでかなり多くの失敗をしてきましたし、挫折も仕掛けましたが、正しい方法であきらめずに取り組めば必ず結果が出るビジネスだと思っています。

あきらめなければ結果はついてくる!

 

今まで散々迷走し、自身の今後に疑問を多く抱いてきましたがebay輸出ビジネスに出会い現状はとても変わりました。ebay輸出自体もいきなり上手くいったわけではなく、紆余曲折あり「カメイさん、辞めちゃうかと心配でしたよ」とコンサルの仲間に後日談で言われたりもしました。

 

このプロフィールを見ていただいている方は、おそらく今の現状に疑問を抱いている、変化させたい、という想いを持っている、何かを始めたいが何を始めたらいいかわからない、もしくは輸出ビジネスに興味があって見ていただいているという方が、多いのではないかと思います。

 

僕も直面した非常に高い壁でしたが経験から自信を持って言えます、正しい方法で継続して取り組めば必ずebay輸出は稼ぐことができます。

 

PCの作業に最初は抵抗があるかもしれませんが、物販は努力とか気合とか根性といった精神論的な部分を多分に含んでいます。

 

正しい方法で取り組めば誰でも成果が出やすいビジネスなんです。掛けた時間が結果に反映されやすいビジネスモデルです。

 

あきらめずに取り組めば一歩一歩前進していけるんです!僕の動画やブログが、あなたのヒントになったら嬉しいです。

 

ebay輸出を始めましょう。

Copyright© ebay輸出カメイブログ , 2018 All Rights Reserved.