Step By Step

【ebay輸出】未払いバイヤー対策はコレ!対応と自動化する方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 KAMEIです。 私は2015年から物販ネットビジネスを始めました。 最初は国内転売からスタートし 翌年の2016年から脱サラし、イーベイ輸出を始めました。 今はイーベイ輸出をメインにしています。 かなりマイペースな私ですがそんな私でもしっかり結果を出してこれた ノウハウやマインドを皆様にお伝えできればと思っています。

こんにちはカメイです。

 

この記事ではebay輸出で料金を未払いのバイヤーの対応と自動化する方法を解説していきます。

 

  • 商品が売れたけどバイヤーからの支払いが無い
  • 未払いのケースが意外と多くてめんどくさい

 

このような悩みをお持ちの方も多いと思います。ebayは意外と『うーんこの商品欲しいな…とりあえず購入ボタンポチッてから考えるか』

 

みたいなバイヤーが結構多いです。支払ってくれればいいのですが、未払いのままだと商品を仕入れることもできないですよね…

 

結論から言いましょう!あらかじめ即支払いのバイヤーだけしか受け付けない設定や一連の流れを自動化できる設定がありますので設定すると便利です!

 

この記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

 

メリット
  • 未払いのバイヤーを未然に防ぐ設定を知ることができる
  • 未払いのバイヤーに対しての対応手順を開設
  • 未払いのバイヤーに対してのケースオープンの方法と自動化設定を知ることができる

 

今回はebay輸出を専業にしており売上を右肩上がりにあげてきた僕が、ebay輸出で料金を未払いのバイヤーの対応と自動化する方法を徹底解説していきます。

 

ぜひ最後まで読み込んで即実行してみてくださいね!

ebayで未払いバイヤー対策はコレ!

バイヤーが支払をしてくれないケースとしてはオークション形式、値引オファーの受付この2つで販売した時におこります。

 

『とりあえず購入しとけばワイの分の商品はキープされるから支払いはそれから考えればええんや…』というバイヤーの声が聞こえてきそうですよね。

 

実は基本的な設定の中でバイヤーの未払いは事前に防ぐことが可能です。即時支払いをしないバイヤーは購入できないですよ、という設定が存在します。

 

設定方法はとても簡単です。ビジネスポリシーの設定でPaymentポリシーの『Require immediate payment when buyer uses Buy It Now 』の部分にチェックを入れるだけです。

 

 

これで注文してから考えようというバイヤーを防ぐことができます。中には本当にそこから購入しようと考えるバイヤーもいるかもしれませんが、この設定はしておいたほうがおすすめです。

 

ビジネスポリシーの設定に関しては下記の記事を確認してみてください。

 

未払いバイヤーの対応と自動化する方法

 

それでは商品が売れたけど料金の支払いがない場合どうすれば良いか解説していきます。以前までは請求書を送ったり、最速のメッセージを送ったりと面倒な手順が多かったのですが、

 

2021年4月のアップデートからとてもかんたんになりましたので手順を見ていきましょう。

未払いバイヤーを自動でキャンセルする方法

 

まずは下記のリンクをクリックして設定画面に移行してください。

 

 

『Select how long buyers have to pay for items. After that time, items still awaiting payment are automatically canceled.』は支払期日の設定になります。

 

バイヤーが商品を購入してから設定した期日までに支払いが無い場合、設定した期日以降でキャンセルが可能になります。期間は4日、7日、11日、19日、27日、30日から選択することができます。

 

『Automatically relist canceled items』ではキャンセルした商品を自動で再出品する設定ができます。もし自動で再出品したい場合は右のボタンをONにしましょう。

 

『If you want to exclude buyers from having their items awaiting payment automatically canceled, list them here』ここまでの設定を適用したくないバイヤーのIDをここに入力しましょう。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?今回の内容をまとめてみましょう!

  • 即時支払いをしないバイヤーは購入できないようにしたほうがおすすめ
  • 未払いのバイヤーの対応は2021年4月にアップデートされ設定が簡略化され

 

こういった手間のかかる作業は自動化したり、設定することで効率が良くなるものもあるので、どんどん活用して自分の時間を確保しましょう!

 

ほかにもケースオープンされた時やクレームの対応をまとめてますので確認して対応してください。

 

 

ebay輸出で料金を未払いのバイヤーの対応とケースオープン自動化する方法を解説などがすべてが詰まったebay解体新書を無料でプレゼント中です。

 

是非使用して利益に繋げてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 KAMEIです。 私は2015年から物販ネットビジネスを始めました。 最初は国内転売からスタートし 翌年の2016年から脱サラし、イーベイ輸出を始めました。 今はイーベイ輸出をメインにしています。 かなりマイペースな私ですがそんな私でもしっかり結果を出してこれた ノウハウやマインドを皆様にお伝えできればと思っています。

Comment

  1. みょん より:

    カメイさんこんにちは、みょんと申します。
    コンサル企画が始まり、お忙しいところ失礼します。

    未払いバイヤーの自動ケースオープンの流れとても参考になりました。
    一つ質問があるのですが、最終的に自動で再出品されるとのことですが
    ケースクローズ後、販売手数料等が返金されるのは分かるのですが
    再出品にかかる手数料も無料なのでしょうか?

    もし出品手数料が掛かってしまうのであれば
    relistよりもsellsimilarで再出品した方がSEO対策になると思ったからです。

    • Takeshi Kamei より:

      こんにちはカメイです。手数料に関してはebayに問い合わせたところアイテムをリストした同じ月内にまだ無料挿入リストが残っている限り、料金はかかりません。
      ということでした。なので無料枠がない場合は手数料がかかるということでしょう。
      おっしゃっているように出品手数料が掛かってしまうのであれば
      relistよりもsellsimilarで再出品した方がSEO対策になります。
      ウォッチの付き方なので使い分けるのが良いと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ebay輸出カメイブログ , 2020 All Rights Reserved.